ニュース
2013.03.04プロジェクトは,順調に進行し,現在,10番目の標的分子に関する計算を行っています.
1番目の標的分子に関しては,2種類の有望な分子標的薬を同定し,Cancer Res誌に投稿しました.
2番目以降の標的分子に関しても,順次,結果を論文にまとめています.

タナカ・ミホさんから,フィラデルフィア・ミユージアムに於いて盲目の子供たちへ彫刻を指導している写真が届きました.

今後とも,ご協力よろしくお願い致します.
2011.08.22本プロジェクトでは、神経芽腫の治療に有用な分子標的治療薬を約3百万の薬剤候補化合物から見いだそうとしています。これまでに、 T1(1番目の標的分子)に対して、極めて低濃度で効果を発揮する分子標的治療薬(7種類)を同定しています。 現在、実験動物を用いて、毒性を確認するとともに、神経芽腫にアポトーシスを誘導する際の分子機構を解明すべく、更なる研究を行っています。
2011.04.19 S2(3番目の標的分子)の計算結果の解析が終了しました。
今後、選抜された25化合物について、神経芽腫の細胞を用いた実験を行っていきます。

タナカ・ミホさんから、震災復興の願いが込められた絵が届きました。
今後とも、ご協力よろしくお願い致します。
2011.03.09 計算は、全体(標的分子;T1, S1, S2, N1, L3, L4)の約76%を終了しました。

T1(1番目の標的分子) と S1(2番目の標的分子)に関する薬剤候補化合物(T1;7化合物、S1;3化合物)の毒性試験の準備を始めました。
この試験は、IBM Watson Computer が、アメリカのクイズ番組「Jeopardy」にて獲得した賞金で賄われます。

今後とも、ご協力よろしくお願い致します。
2010.11.16 計算は、全体(標的分子;T1, S1, S2, N1, L3, L4)の約60%を終了しました。

中川原先生が、「 International Society of Pediatric Oncology」のアジア地区代表に選ばれました。
「World Community Grid」は、6周年を迎えました。

今後とも、ご協力よろしくお願い致します。
2010.9.14 S1(2番目の標的分子)の計算結果の解析が終了しました。
今後、選抜された27化合物について、神経芽腫の細胞を用いた実験を行っていきます。
今後とも、ご協力よろしくお願い致します。
2010.8.13 N1(4番目の標的分子)の計算がこれから始まります。
T1(1番目の標的分子) の計算結果から選抜した約50化合物を用いて、神経芽腫細胞での実験を行ったところ、6化合物において細胞増殖抑制効果が見られました。今後さらに、詳細な実験を行っていく予定です。
S1,S2(2,3番目の標的分子)に関しては、今現在、計算結果の解析を行っています。
今後とも、ご協力よろしくお願い致します。
2010.7.20 皆さまのご協力のおかげで、計算が順調に進みました。
今現在、新たな標的分子に対する計算の準備を始めています。
8月上旬には、開始できる予定です。
今後とも、ご協力よろしくお願い致します。
2010.4.30 T1(1番目の標的分子)に対する第一段階目の解析から約50種類の化合物を選抜し、近日中に、神経芽腫の細胞を用いた実験を始める予定です。
今月も、タナカ・ミホさんからの、心温まる励ましの絵が届きました。
今後とも、ご協力よろしくお願い致します。
2010.3.16 T1(1番目の標的分子)に対する第一段階目の解析から選抜した化合物について、神経芽腫の細胞を用いた実験の準備に入りました。
タナカ・ミホさんから、こども達へ、心温まる励ましの絵が届きました。
今後とも、ご協力よろしくお願い致します。
2010.2.9 T1(1番目の標的分子)の第一段階目の解析が終了し、選抜された約60の化合物に対して、薬の候補としての審査を行っています。
今後、ここから約10の化合物に候補を絞り込み、実際に、神経芽腫の細胞を用いた実験を行う予定です。
今後とも、ご協力よろしくお願い致します。
2009.11.6 T1(1番目の標的分子)の計算が終了しました。
S1(2番目の標的分子)の計算がこれから始まります。
また、T1に対する第2段階目の計算の準備を進めており、来年の3月末にはご報告できる予定です。
今後とも、ご協力よろしくお願い致します。
2009.9.17 プロジェクトが開始して半年が経過しました。
現在、約20%の計算を終えることが出来ました。
今後とも、ご協力を頂けますよう、よろしくお願い致します。
2009.7.6 約4ヶ月で、12%もの計算を終えることが出来ました。
多大なるご協力有り難うございます。
2009.4.14 皆さまのご協力のおかげで、計算結果が徐々に出始めました。
これからもよろしくお願い致します。
2009.3.17『小児がんプロジェクト』が、World Community Gridで開始されました。
2009.3.12『ピンクのたね』の作者 岡野亜美さんより、メッセージが届きました。