ライオン

 五百川 森仁

絵を描いた年齢 5歳

享年6歳・急性リンパ性白血病

ピンクのたね

 岡野 亜美

絵を描いた年齢 9歳

現在17歳・脳腫瘍(小脳髄芽種)

ラジオたいそう

 三品 雅貴

絵を描いた年齢 5歳9ヶ月

享年7歳3ヶ月・急性リンパ性白血病

提供:財団法人 がんの子供を守る会

提供:あしたばの会

 トップページへindex.htmlshapeimage_14_link_0

タナカ ミホ



このプロジェクトを推進している中川原 章と田村 裕は、ペンシルベニア大学医学部に留学していた際(中川原;1993-1995年,田村;2000-2002年)、タナカ・ミホさんとご主人のアダチ・カズヒコ教授(フィラデルフィア子供病院)に大変お世話になりました。

タナカ・ミホさんの「美味しい料理」と「心和ませる絵画」、アダチ・カズヒコ教授の研究への「適切なアドバイス」は、異国での厳しい研究生活を耐え抜く大きな原動力となりました。

千葉県がんセンター整形外科で治療を受けた骨肉腫やユーイング肉腫の子どもたちが、ドクターやナースと一緒に東京ディズニーランドに行き、楽しい一日を過ごしました。


皆は、「アシタバ(明日葉)の会」のメンバーです。

「アシタバ」は、踏まれても踏まれても挫けずに花を開くという意味だそうです。

「アシタバ(明日葉)の会」のメンバーが尾瀬・岩倉へスキーに行った時の写真です。


がんとの闘いをしばし忘れて、楽しい時を過ごしました。

ペンシルバニア芸術大学卒業後、Philadelphia Watercolor Clubの会員として、米国と日本を中心に個展、グループ展を開催されています。

国際的に高い評価を得ておられ、多くの受賞歴があります。

ペンシルバニアの早春

黄色い薔薇

思い出の海辺

無題

夕焼け

フィラデルフィア美術館に於ける
盲目の子供への彫刻指導の様子

フィラデルフィアの新緑

薔薇